院長メッセージ

診療内容

診療相談

当院の工夫

診療時間と混雑度

アクセス

東京都中野区「丸ノ内線 新中野駅から徒歩2分」の内科クリニックです

吉田内科クリニックでは、患者さんが気軽に話せる環境を大切にして、できる限り話を聞き、病気についての説明、病気への理解の確認、薬の必要性や使い方についての指導を行い、患者さんを中心とした医療を目指しております。

当院からのご案内

3月31日現在

当院での診療体制(3月31日現在)

かぜ症状(発熱、咽頭痛、鼻水、咳、喀痰等)のある方(とくに発熱咳、倦怠感のある方)必ず事前に電話をお願い致します
診察は診療時間外空いている時間に行っています。
直接来院いただいた場合、基本的にはすぐに診察はできません。いったん自宅や会社に戻って待機いただく場合があります。
後程こちらから電話させていただき、問診の上、診察可能な時間をご連絡致します。

新型コロナウイルス感染症(3月31日現在)

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症は関西圏を中心に感染者数が急増しており、既に第4波に入ったと思われます。
変異ウイルスが広がっていることが大きな要因ですが、緊急事態宣言が長く続いたこともあり、解除からくる気のゆるみも関係しているかもしれません。
自粛疲れもありある程度やむを得ないと思いますが、変異ウイルスは感染力が1.5倍~1.7倍と言われ、致死率も高いとされているため、家族以外の人との会食はできるだけ避け、また隣との間隔が空いた場所を選ぶべきと考えます。なかなか難しいと思いますが、マスク会食(会話の際はマスクをする)も必要なのではないでしょうか?

新型コロナワクチン(ファイザー、モデルナ)に関しては、効果(感染予防、重症化予防)は期待できそうですが、副反応に関してはまだ不明な部分も多いようです。
アナフィラキシーショックの既往のある方、薬物や食物で強いアレルギー反応を起こしたことがある方、化粧品でひどいかぶれが出たことのある方はアナフィラキシーショックを起こすリスクがあり注意が必要なようです。

予防接種情報

新型コロナワクチンに関して、中野区では4月末に75歳以上の高齢者、5月中旬に65歳から74歳の高齢者にクーポン券が届く予定です。ただ、ファイザーワクチンの海外からの入荷が少ないため、集団接種(中野区医師会館にて)から始まります。ワクチンをすぐに打ちたい方は、個別接種(クリニック等で行う)の開始時期が未定のため、クーポンが届き次第、集団接種の申し込みをお勧めします。中野区以外の方は、原則として住民票所在地の区市町村での接種となるようです。

高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種(成人肺炎の約1/3が肺炎球菌による肺炎と言われています)
今年度65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方が対象で、ワクチン接種費用の一部が助成されます。ただ、以前に肺炎球菌ワクチンの接種歴がある人は助成の対象になりません。効果は5年間です。接種から5年経過すると再接種が可能ですが、2度目以降の方が副反応が強くなると言われています。

診察科目追加のお知らせ

平成27年4月より第1、第3金曜日午前9:30~12:00まで(午後は休診)元吉田皮膚科医院(平成27年3月31日閉院)の吉田公乃利医師が皮膚科の診察を行っています。
診察日は令和3年4月2日16日になります。
尚、金曜日には吉田慎院長による内科の診察はありませんのでご注意ください。

受付時間変更のお知らせ

平成25年10月1日より受付時間は午前は12:50まで午後は18:50(土曜日は16:50)まで(診療終了の10分前まで)とさせていただいております。

吉田内科クリニック 吉田慎