東京都中野区「丸ノ内線 新中野駅から徒歩2分」の内科クリニックです

吉田内科クリニックでは、患者さんが気軽に話せる環境を大切にして、できる限り話を聞き、病気についての説明、病気への理解の確認、薬の必要性や使い方についての指導を行い、患者さんを中心とした医療を目指しております。

当院からのご案内

2月2日現在

診療時間変更(臨時および休診のお知らせ

2月13日(火)は都合により診察を午前中13時00分で(受付終了は12時50分)終了させていただきます。午後の診察は休診とさせていただきます。
2月15日(木)は都合により診察を18時30分で(受付終了は18時20分)終了させていただきます。
2月27日(火)は都合により診察を18時30分で(受付終了は18時20分)終了させていただきます。
3月2日(土)は都合により診察を午前中12時30分で(受付終了は12時50分)終了させていただきます。午後の診察は休診とさせていただきます。
3月9日(土)は都合により休診とさせていただきます。

当院での診療体制2月1日現在

37.5度以上の発熱、咳のひどい方抗原検査(コロナ、インフルエンザ)希望の方は、必ず事前に電話をお願い致します
直接来院いただいた場合、外でお待ちいただくか、診察まで外出をお願いする場合があります。
抗原検査はクリニックの外での対応になります。
当院受診時はマスクの装着をお願い致します。

上記以外のかぜの方受付に声掛けをお願い致しますかぜの状態待合室混雑状況により診察の順番まで
外でお待ちいただくか、診察まで外出をお願いする場合があります。予めご了承ください。

感染症2月1日現在

新型コロナウイルス感染症
中野区では1月中旬から流行が再拡大してきました。2回目の感染という人が増えています。発熱、咽頭痛、倦怠感等の症状は1回目よりは軽いようです。
新型コロナウイルスが5類になったことに伴い、現在は特定の医療機関あたりの感染者数で推測する定点報告に変わりました
定点医療機関あたり2.0人を超えると流行と判定します。中野区の1/22~1/28の情報では定点あたり13.4と急上昇しています。

インフルエンザ
中野区ではインフルエンザA型の流行はやや治まりつつありますが、B型が増加して、定点あたり25.8とかなり多い状態が続いています。今年のインフルエンザの特徴は、20-30代の若い人を中心に例年より症状が強いことです。39-40度の発熱悪寒関節痛強い倦怠感を訴える人が多い傾向にあります。これはコロナ禍で3-4年マスクを装着し、インフルエンザウイルスと接触する機会がほとんどなかったこと、新型コロナワクチンの副作用の影響かインフルエンザワクチンを接種する若年者が少なかったことが影響して、インフルエンザウイルスに対する免疫が低下したためと考えられます。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の流行はここ10年の中で最も高い状態が続いています。

咽頭痛や咳、鼻汁に38度以上の高熱、頭痛、関節痛を認めた場合には上記の可能性があり医療機関の受診を勧めます。

今月のワンポイント
漢方薬1

新型コロナやインフルエンザの際によく使われる麻黄湯や葛根湯ですが、その違いはご存知ですか?
一般に漢方は生薬の数が少ないほど1つの生薬の量が多くなり、切れ味鋭くなるため、短期間で使います。
麻黄湯は麻黄、桂枝、杏仁、甘草の4つの生薬、
葛根湯は葛根、麻黄、桂皮、芍薬、大棗、生姜、甘草の7つの生薬からなります。
麻黄と桂枝の組み合わせは強い発汗作用があります。麻黄湯は葛根湯より麻黄と桂枝の量が多いためすぐに(15分くらい)発汗させて解熱させることを目的としています。投与は3日くらいが目安です。これに対し、葛根湯は麻黄と桂枝の他に、頚の後ろの(うなじ)の凝りをとる葛根や筋肉の痛みを和らげる芍薬、胃腸を守る3つの生薬(大棗、生姜、甘草)が配合されており、感冒以外にも肩こり等長期間飲めるように工夫されています。

予防接種情報

新型コロナワクチン接種
当院ではオミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチンの接種を昨年12月末で終了しました。

高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種(成人肺炎の約1/3が肺炎球菌による肺炎と言われています)
今年度65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方が対象で、ワクチン接種費用の一部が助成されます。ただ、以前に肺炎球菌ワクチンの接種歴がある人は助成の対象になりません。効果は5年間です。接種から5年経過すると再接種が可能ですが、2度目以降の方が副反応が強くなると言われています。

帯状疱疹ワクチン
当院では帯状疱疹ワクチンを実施しています。
弱毒生水痘・帯状疱疹ワクチンとシングリックスの2種類があります。
弱毒生水痘・帯状疱疹ワクチンは、皮下注射で1回のみ・生ワクチン・発症予防効果は約50%・有効期間約5年・費用8000円程度です。シングリックスは、筋肉注射で2か月間隔をあけて2回接種・不活化ワクチン・発症予防効果は約90%・有効期間約9年・費用は44000円(22000円/回)です。中野区では10000円/回の助成が受けられます。

受付時間変更のお知らせ

平成25年10月1日より受付時間は午前は12:50まで午後は18:50(土曜日は16:50)まで(診療終了の10分前まで)とさせていただいております。

吉田内科クリニック 吉田慎

お知らせ