内科・循環器科吉田内科クリニック,中野区,新中野,新中野駅,東京都,内科,循環器科,高血圧,高脂血症,糖尿病,生活習慣病
 
  東京都中野区、新中野駅、内科、 循環器科、高血圧、高脂血症、糖尿病、生活習慣病
MAP>>
 
メインメニュー

吉田内科クリニック

診療科目:内科、循環器科

〒164-0012
東京都中野区本町6-20-17

TEL:03-5328-2050

管理医師名 吉田 慎

吉田内科クリニック

東京都中野区「丸ノ内線 新中野駅から徒歩2分」の内科クリニックです。
吉田内科クリニックでは、患者さんが気軽に話せる環境を大切にして、できる限り話を聞き、病気についての説明、病気への理解の確認、薬の必要性や使い方についての指導を行い、患者さんを中心とした医療を目指しております。

お知らせ

中野区民健診国保特定健診長寿(後期高齢者)健診健康づくり健診大腸がん健診等が今年も6月から始まります。当院では予約制になっております。区からの書類が届いたのをご確認いただき、健診を希望される場合にはお気軽にご連絡ください。その際、受診券受診券シール必ずお持ちください。杉並区民健診も7月から実施します。

風しん抗体検査及び風しん第5期の定期予防接種について
1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54年)4月1日生れの男性は抗体保有率が他の世代に比べて低いため、この世代を対象として2022年3月31日までの3年間、市区町村が実施主体となり、風しんの抗体検査風しんの定期予防接種抗体値が十分でなければ)を実施することになりました。費用は無料ですが、送られてきたクーポン券の住所と居住している場所(住民票のある)が一致していないと受けられないため、免許書やマイナンバーカードなど本人確認書類の持参が必要になります。

感染症情報(6月2日現在)
溶連菌感染症が流行しています。症状は強い咽頭痛、嚥下痛、悪寒、38度以上の高熱、関節痛、頭痛等で、重症例は嚥下困難となり、入院加療が必要な場合もあります。治療には抗生剤の投与が必要です。嚥下痛を認める際には早めの受診をお勧めします。

インフルエンザはほぼ終息しました。

紫外線
紫外線は夏と変わらず強い時期です。皮膚や目を紫外線から守るためとくに屋外でスポーツや仕事で長時間過ごされる場合には日焼け止めクリームやサングラスの使用をお勧めします。口唇も日焼けすることがあります。UVカットリップクリームがある程度有効です。紫外線はシミやしわ、黒子の原因になるばかりではなく、強い紫外線は皮膚がんの一因ともされています。この時期からの紫外線対策はとても重要です。

予防接種情報
高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種(成人肺炎の約1/3が肺炎球菌による肺炎と言われています)
今年度65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方が対象で、ワクチン接種費用の一部が助成されます。ただ、以前に肺炎球菌ワクチンの接種歴がある人は助成の対象になりません。効果は5年間です。接種から5年経過すると再接種が可能ですが、2度目以降の方が副反応が強くなると言われています。

診察科目追加のお知らせ
平成27年4月より第1、第3金曜日午前9:30〜12:00まで(午後は休診)
元吉田皮膚科医院(平成27年3月31日閉院)の吉田公乃利医師が皮膚科
診察
を行っています。
診察日は令和元年6月7日21日の診察になります。

尚、金曜日には吉田慎院長による内科の診察はありませんのでご注意ください。

受付時間変更のお知らせ
平成25年10月1日より受付時間は午前は12:50まで
午後は18:50(土曜日は16:50)まで
(診療終了の10分前まで)とさせていただいております。

吉田内科クリニック 吉田慎

Copyright (C) 吉田内科クリニックAll Rights Reserved.